男性が好意を持つ会話

会話をする時、女性はコミュニケーションそのものを楽しみます。
メールでもわかるように、女性は用がなくても長時間メールすることが出来ます。
逆に、男性は常に要件を求めます。
このように、女性と男性では根本的な違いというものが存在します。

 

・会話しやすい空気を作る

男性というものは、会話をするよりも体を動かしたり、仕事したりを好む傾向にあります。
なので、わざと男性が話しやすい話題を持っていくことにより男性は気持ちよく話をしてくれます。
そして褒められることを好む男性は多いです。
好きな話をして、更に女性に褒められるのであれば、男性はとても気分をよくしてくれます。

 

・話しやすい隙を作る

女性でも男性でも、自分の話を聞いてもらいたいという欲求が存在します。
なので、初対面で自分のことをぺらぺらと話すような人とはあまり会話したくないと感じてしまいます。
逆に、相手の目をしっかりと見つめ、相槌を打ち、楽しそうに話を一生懸命聞いてくれる人には好感を持てます。
そこに笑顔を持って行けば、完璧と言えます。

 

どんなに相手の目を見て相槌を打ったからといって、笑顔がなければいけません。
笑顔がなければ相手は、「つまらないのかな」と感じてしまいます。
やはり笑顔は一番の武器です。
笑顔の人の側にいれば自然と笑顔が移ります。
そして人というものは、自然と笑っている人の側に集まるのです。

 

道にまよったりなど何か困ったことが起こった場合、不機嫌そうな人に声をかける人はいないかと思います。
ですが、少しでも笑っている人には声を掛けたくなるのが心理です。

 

男性に好かれやすい女性は、やはり笑顔で声を掛けやすいからこそ男性に好かれることが多いのです。
こういうことが、女性特有の隙なのです。

 

なんでも出来るといったオーラのある女性では、全く隙が感じられません。
自分がいなくても、なんとかなるだろうと男性に思われてしまうのです。

 

これは仕事にも当てはまります。
いつも一人で黙々とやるような人には、自ら手伝ってあげようとは思い辛いものです。
ですが、普段から笑顔を心がけている人は、自然と周りの人も協力的になります。

 

笑顔は人間関係には外せないものです。
普段から鏡をチェックして、笑顔の練習をするのも良いでしょう。

 

人前に立つ販売員さん等を観察するのが一番わかりやすいです。
どんな店員さんに声を掛けやすいのか、掛け辛いのか、やはり笑顔の有無が共通しています。
笑顔は意識一つで簡単に作れるのです。